ミッドストラーダ

ミッドストラーダ【ビクタートウショウ2012】

全レース成績

日付
開催
天気
R
レース名
頭数
人気
着順
騎手
距離
馬場
上り
馬体重
賞金
2015/10/19川崎9しずおか爽秋特別1313矢野貴之 ダ150040.6511(0)48.0
2015/07/25川崎7三浦すいか特別14112森泰斗ダ150042.2511(+2)
2015/06/03大井11東京ダービー競走(OP) 1659戸崎圭太ダ200040.6509(+2)
2015/05/06船橋11東京湾C(OP)1422矢野貴之ダ170040.2507(-6)350.0
2015/04/01川崎11クラウンC(OP)1433矢野貴之ダ160040.6513(-3)200.0
2015/01/28川崎9ガーネットフラワー賞 1111御神本訓ダ140041.3516(5)250.0
2014/12/19川崎1スパーキングデビュー111御神本訓ダ140040.2511(0)200.0

近況報告2016年2月

現在もウォーキングマシーンでの運動にしています。
2月15日に右前繋靭帯炎の経過を見るためにエコー検査を行いました。
獣医師は「経過はとても良好ですが、跨って運動するにはもう少し期間が必要だと思います。ここまで帳調に回復してきているので、今焦ってまた症状が悪化してしまうと更に重症になってしまう恐れがあるので後2週間程はウオーキングマシーン運動で経過を見ていきましょう」という診断でした。
現在は熱感はなく痛みも緩和してきていますので今後もしっかりとケアを続けていきたいと思います.

出走予定2016年2月

2月8日 節分賞 B3(二)に出走します。

近況報告2016年1月

現在もウォーキングマシーンでの運動にしています。右前腱鞘炎の経過は良好で熱感や痛みも緩和してきていますので、近日中にもう一度エコー検査を行ってもらい獣医師の診断を聞いてから今後の予定を考えていきたいと思っています。

出走予定2016年1月

1月26日 川崎 ジャニュアリーフラワー賞 3歳 未格付選定馬JRA選定馬に出走します。

近況報告2015年12月

12月5日に獣医師により右前肢エコーの検査をしてもりった結果、腱鞘炎という診断でした。現在は熱感や腫れは緩和してきていますのでウォーキングマシーンでの運動にしています。今後もしっかりとケアを行いながら脚元の経過を見ていきたいと思います。

近況報告2015年11月

11月16日からの川崎開催を目標に調整力進められていましたが11月12日に行った最終追い切り後に右前腱鞘炎を発症してしまいました。まだ熱感や痛みがありますので近日中にエコー検査による診断をする予定ですので結果が分かり次第報告いたします。

近況報告2015年10月

10月13日に競馬場で出走し3着でした。ジョッキーに「前に乗せていただいた時よりも馬はしっかりしていました。返し馬からテンションが高く道中もずっと力んで走っていた分最後は伸びきれなかったです。すいません」というコメントでした。

レース後も脚元や歩様に異常はなく調教を再開しています。まだキャリアも浅く競馬ごとに課題が出てきますが、これから経験を積んで一つ一つクリアしていってもらい革いと思います。今後も馬体の状態を見ながら次走に向け調整を続けていきます。

出走予定10月19日

10月19日 川崎 9R しずおか爽秋(そうしゅう)特別 B3(一)に出走します。

近況報告2015年9月

前走後、鼻出血などの再発はなく順調に進められています。まだ精神的な幼さは残っていますが、体つきなどは徐々に垢抜けてきているように感じています。前走後は少し体調が優れない期間もありましたが、9月21日現在で7本の追い切りを消化しています。

以前は坂路での追い切り後は背腰に疲れが出やすかったのですが、体質が強くなってきているのに伴い徐々に疲労度も軽減されてくるようになってきました。
現在はB3ウラスですが、まだまだ上を狙えるだけの能力はあると思いますので今後もしっかりとケアを続け次走に向け調整を進めていきます。

近況報告2015年8月

7月25日に川崎競馬場で出走し12着でした。ジョッキーは「返し馬から気持ちが入っていなくて走る気がないような感じがしました。道中も絶好のポジションが取れたがペースが上がった時に全くついて行けなくなってしまった。テン乗りなので比較はできないが今までの実績からもこんな馬じゃないはずだと思います」というコメントでした。

レース後歩様などに異常はありませんでしたが、翌日に馬房内で鼻出血を発症してしまいました。まだまだ成長途上の馬ですし何か目に見えない疲れがあったのかもしれません。ここはクラス的に通過点だと思っていただけに残念です。もう一度しっかり立て直して次走に向け調整していきたいと思います。

近況報告2015年7月

前走の東京ダービー後は7月22日からの川崎開催を目標に調整を進めてきました。中間は気温が急激に上昇した影響か少し覇気が感じられなくなった時期もありましたが何とか持ちこたえてくれ現在は動きも良く、飼葉食いも良好です。

馬体の方はかなりしっかりしてきましたし、追い切り後などのダメージも以前に比べ溜まりにくくなってきていますので体質も強化されてきているのだと思います。今後も馬体の状態を見ながら7月25日の川崎開催に向け調整を進めていきます。

近況報告6月

6月3日に大井競馬場で東京ダ-ビー(Sl)に出走し9着でした。ジョッキーは「道中もスムーズに追走でき4コーナーでの手応えも悪くありませんでしたが、
追い出してから思ったほど反応がありませんでした。しかしまだ5戦目ですし、こういう強いメンバーと経験を積んでいけば将来性はとても高い馬だと思います」というコメントでした。
レース後も歩様などに異常はありません。まだ普段の仕草や調教で乗った感覚でも幼さが残っていますし、これから夏を越して更に成長すれば、まだまだ上を目指せる素質を持った馬だと思いますので、今後も馬の状態を見ながら次走に向け調整を進めていきたいと思います。

近況報告5月

5月6日に船橋競馬場で東京湾カップ(S3)に出走し2着でした。ジョッキーは「もう少し前日の位置が欲しかったがリズムを崩したくなかったのであの位置になってしまった。4コーナーでもう少しうまく捌ければ勝てたレースだけにもったいなかったです。でもまだ4戦目でこれだけの競馬ができるのだから能力はとても高いし大井の2000mは合っていそうなのでダービーでも楽しみです」というコメントでした。レース後も歩様などに異常はなく、デビュー戦から今までで1番飼葉食いも良いので徐々に体質も強化されてきているのだと思います。今後も6月3日の東京ダーlピー(Sl)に向けしっかりと調整を続けていきます。

☆スナップショット
P5060132
 
P5060152
 
P5060139
 
P5060150
 
P5060158
 

近況報告4月

4月1日に川崎競馬場でクラウンカップ(S3)に出走し3着でした。ジョッキーは「できれば勝ち馬のポジションを取りたかったが、ゲートを出てから少し物見をしていたので1列後ろになってしまった。道中はとてもリラツウスしていたし勝負所の反応も良かった。まだキャリアが浅い分の差。能力は十分に通用します」というコメントでした。

レース後も歩様などに異常はなく調教を再開しています。まだまだ成長途上ですのでこれから更に飛躍していってくれると期待しています。今後は5月6日の東京湾カップ(S3)か5月18日のダービートライアルを目標に調整していきたいと思います。

近況報告3月

現在も順調に調整されています。当初は3月2日からの川崎開催を目標に調整されていましたが、中間の追い切り後に腰に疲れが出たため見送りました。獣医師に診断してもらった結果、軽い筋肉痛による一過性のものという事でしたので、ショックウェーブ治療を行いました。その後腰の疲れは緩和され現在は順調に調教を行っています。今後もしっかりとケアを続け3月30日からの川崎開催に向け調整していきたいと思います。

近況報告2月

1月28日に川崎競馬場で出走し1着でした。レース後も歩様などに異常はなく調教を再開しています。ジョッキーは「今日は控えて競馬をさせましたが折り合いも付き反応も良かったです。まだ余裕もありますしこれからがとても楽しみです」というコメントでした。今後もしっかりとケアを続け次走に向け調整していきたいと思います。

近況報告1月

現在も順調に調整されています。前走後多少テンションが高くなってきていたので前開催は見送りました。その後は落ち着かせることを重点に調整して来ましたので現在は良い状態を維持できていると思います。今後もしっかりとケアを続け1月26日からの川崎開催を目標に調整していきたいと思います。

近況報告12月19日

2015年1月28日(金)
川崎競馬場 9R JRA交流・ガーネットフラワーー賞

近況報告12月19日

12月19日(金)
川崎競馬場 1R サラ 二歳(新馬)
1着

近況報告11月26日

11月26日川崎競馬で能力試験を受け50.4の時計で合格しました。能力試験後も歩様などに異常はなく、すぐに調教を再開する予定です。ジョッキーは『スタートが早く逃げるカタチになったが、乗り手の指示にも従順なので控えても平気だと思います馬なりでしたがタイムを優秀だし楽しみです』というコメントでした。今後もしっかりとケアを続け、新馬戦に向けて調整していきたいと思います。

近況報告10月29日

10月17日に乾き競馬場で行われる能力試験に出走予定でしたが、直前に調教中の外傷により大事を取り出走を見送りました。幸い3日ほどで調教を再開でき現在は順調に調整されています。今後もしっかりとケアを続け再度能力試験に向けて調整していきたいと思います。

近況報告9月30日

現在も順調に調整されています。入厩時に比べ腰の甘さも徐々にではありますが、良化しています。今後もしっかりとケアを続け、10月17日に川崎競馬場で行われる能力試験に向け、調整していきたいと思います。

近況報告9月17日

順調に乗り込まれ9月の能力試験を予定していましたが中間、熱発になり一旦ペースを落としています。体調はすでに回復し乗り運動を再開しています。調教での走りは4頭の中でも一番力強く走っていますので牧場での期待が大きい一頭です。

ビクタートウショウ2012(牡)について

母ビクタートウショウ(父シャーディー)は美浦・尾形充弘厩舎で3歳(現2歳)7月に函館でデビュー。新馬戦は2着だったものの、2戦目を5馬身千切るスピードを見せて圧勝。その後は五百万特別・黒松賞を勝ち、暮れのGⅢフェアリーS(芝1200m)では2着。年明け4歳1月にはオープン特別・フローラSを逃げ切り勝ちを収めた。芝の短距離戦で持ち前の スピードを存分に生かして、JRA通算13戦3勝2着2回の成績、獲得賞金5100万円で引退している。
本馬の半兄トウショウクリーム(父メジロマックイーン)は7歳まで現役を続け、3勝2着7回3着9回と堅実な走りで、4400万円以上を稼ぎ、2代母からはJRA重賞5勝のヌエボトウショウ、同1勝トウショウアンドレと活気のある血脈。
父アサクサデンエンは、13年SⅠ東京2歳優駿牝馬(大井1600m)を勝ったブルーセレブ、JRAで現在3勝のミッキースマホとダート活躍馬を輩出している。

牧場のコメント

牧場では「バランスの良さが目に付く。じっくりと乗り込んでいる段階ではあるが、しっかりとした動きをしており、距離の融通性を感じさせられる」と期待を寄せている。

大井 八木仁厩舎
能力試験:10月末
募集締切:募集は締切ました

血統表


お申込み・資料請求・ご見学
のお問い合わせはこちら